2023.12.6ポンド円TOKYO-Summary

金利の上昇が一服すると上値が重くなる

・日経平均が反発して始まった事や米10年債権利回り上昇からのドル買い・円売りで、ドル円は147.40まで上昇。一方でポンドドルはユーロポンドのユーロ売りポンド買いから1.2614まで上昇。ポンド円は両通貨の上昇に支えて185.80まで上昇。
・その後、金利の上昇が一服すると上値が重くなり、ドル円は147.14まで、ポンド円は185.56まで上値を切り下げています。

2023.12.6ポンド円LONDON-Summary

低調な独指標をきっかけにユーロ円の下落連動。一巡後ショートカバーが優勢

・独10月製造業新規受注が市場予想を大幅に下回る結果となるとユーロ円の下落に連動して、ドル円は146.89まで、ポンド円は185.13まで下落。
・一巡後、シュートカバーでドル円は147.50まで、ポンド円は185.81まで反発上昇。
・20時過ぎからユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進みと、ポンドドルは1.2581まで、ポンド円は185.39まで下落となっています。

2023.12.6ポンド円NY-Summary

原油先物安を背景に対資源国通貨でドル買い

・米ADP雇用統計が市場予想を下回った事や米7-9月期単位労働コスト・改定値が速報値から下方修正されたことを受け、米10年債権利回り低下からドル売り・円買いに。ドル円は147.00まで、ポンド円は185.10まで下落。一方でポンドドルはユーロポンドでのユーロ買いポンド売りから1.2581まで下落。
・原油先物安を背景に対資源国通貨でドル買いが進んだ影響も受けてポンドドルは1.2554まで、ポンド円は185.03まで下落。一方でドル円は欧州通貨のドル買いの流れに沿って147.42まで上昇となっています。
カテゴリ
タグ