2021.3.10ポンド円TOKYO-Summary

本邦実需(輸入)からの円売り

・米10年債利回りが上昇からのドル買い戻しや本邦実需(輸入)からの円売りが入ると、ドル円は108.88まで、ポンド円は150.97まで上昇。一方でポンドドルはドル買いの流れに沿って1.3860まで下落となっています。

2021.3.10ポンド円LONDON-Summary

株高が一服し、米10年債利回りが上昇幅を拡大するとドル買い

・日米株価先物上昇からリスク選好のドル売りが進行。ポンドドルは1.3913まで、ポンド円は151.18まで上昇。一方でドル円は108.64まで下落。
・株高が一服し、米10年債利回りが上昇幅を拡大するとドル買いに。ポンドドルは1.3855まで、ポンド円は150.82まで下落。一方でドル円は108.86まで上昇となっています。

2021.3.10ポンド円NY-Summary

米長期金利に連動

・米CPIが市場予想を下回ると米長期金利低下からポンドドルは1.3934まで、ポンド円は150.98まで上昇。一方でドル円は108.33までまで下落。
・その後、米長期金利が下げ止まると、ポンドドルは1.3885まで下落。一方でドル円は108.65まで反発上昇。しかし、再び米長期金利が低下に転じると、ポンドドルは1.39.4まで上昇。一方でドル円は108.36まで下落。ポンド円は両通貨のドルの綱引きで150.95を挟んで揉み合いとなっています。
カテゴリ
タグ