2021.2.10ポンド円TOKYO-Summary

株価連動

・ダウ先物が強含み日経平均も持ち直した事でリスク選好のドル売り・円売りが進行。ポンドドルは1.3827まで、ポンド円は144.64まで、ドル円は104.71まで上昇。
・後場から日経平均が下落に転じると、ポンドドルは1.3817まで、ポンド円は144.48まで、ドル円は104.51まで下落となっています。

2021.2.10ポンド円LONDON-Summary

日銀報道を受けて円急落

・日銀が来月の金融政策決定会合での点検でマイナス金利の深掘り余地があることを明確化する可能性との報道を受けて円が急落。ドル円は104.84まで、ポンド円は145.06まで上昇。一方でポンドドルは対円でドルが上昇したことで1.3828まで押し戻されています。

2021.2.10ポンド円NY-Summary

パウエルFRB議長の講演が始まるとドル買いが優勢

・米CPIが市場予想より弱い内容だった事から、米長期金利の低下しドル売りに。ドル円は104.54まで、ポンド円は144.79まで下落。一方でポンドドルは1.3866まで上昇。
・その後、パウエルFRB議長の講演を控えて、ドル円は104.65を挟んで、ポンド円は144.90を挟んで、ポンドドルは1.3845挟んで揉み合い。
・パウエルFRB議長の講演が始まるとドル買いが優勢となり、ポンドドルは1.3328まで、ポンド円は144.72まで下落となっています。
カテゴリ
タグ