2021.11.15ポンド円TOKYO-Summary

米10年債利回りの低下を受けてドル売り

・米10年債利回りの低下を受けてドル売りに。ドル円は113.75まで下落。一方でポンドドルは1.3438まで上昇。ポンド円は両通貨のドル売りの綱引きから152.90を挟んで揉み合いとなっています。

2021.11.15ポンド円LONDON-Summary

ポンド反発

・米10年債権利回り低下から円買いでドル円は113.81まで、ポンド円は152.62まで下落。一方でポンドドルはユーロポンドでのユーロ買いポンド売りから1.3402まで下落。
・20時過ぎからユーロポンドが売りに転換すると、ポンドドルは1.3438まで、ポンド円は152.96まで反発となっています。

2021.11.15ポンド円NY-Summary

米10年債権利回り上昇からドル買い

・米ニューヨーク連銀製造業景気指数が大きく上振れすると米10年債権利回り上昇からドル買い・円売り進行。ドル円は114.04まで上昇。一方でポンドドルは英金融当局者の発言が伝わるとBOEによる早期利上げ観測が高まりポンド買いが進行し1.3449まで上昇。ポンド円はドル円とポンドドルの上昇に連れて153.27まで上昇。
・その後もドル買いが継続。ドル円は114.15まで上昇幅を拡大。一方でポンドドルは早期利上げ観測からのポンド買いが一巡すると、米10年債権利回り上昇からのドル買いで1.3411まで下落。ポンド円は両通貨のドル買いの綱引きで153.10を挟んで揉み合いとなっています。
(発言内容)ベイリーBOE総裁:インフレの状況について非常に不安に思う。すべての会合で利上げの可能性がある。サンダースMPC委員は:インフレ率が全般的に上昇する可能性は、現在の利上げを正当化するのに十分なほど高い。
カテゴリ
タグ