2021.10.20ポンド円TOKYO-Summary

直近高値更新を狙った仕掛け的な円売り

・東京早朝から直近高値更新を狙った仕掛け的な円売りが先行。米10年債利回り上昇も下支えとなり、ドル円は114.70まで、ポンド円は158.21まで上昇。
・実需(輸出)からの円買いや米10年債権利回り上昇幅縮小からドル売りが優勢に。ドル円は114.44まで下落。一方でポンドドルは1.3813まで上昇。ポンド円は両通貨のドル売りの綱引きで158.10を挟んで揉み合いとなっています。

2021.10.20ポンド円LONDON-Summary

ポジション調整のポンド売り

・英CPIが市場予想を下回ると、ポジション調整のポンド売りが進行。ポンドドルは1.3750まで、ポンド円は157.40まで下落。 原油先物下落もポンド売り・ドル買い要因となっています。

2021.10.20ポンド円NY-Summary

原油先物上昇を受けて対資源国通貨でドル売りが活発化

・欧州時間に急速に進んだポジション調整のポンド売りが一巡。21時過ぎからユーロポンドでのユーロ売りポンド買いが進行。更に原油先物上昇を受けて対資源国通貨でドル売りが活発化した事に連れて、ポンドドルは1.3834まで、ポンド円は158.06まで反発上昇。一方でドル円は米10年債権利回り低下から114.08まで下落となっています。
カテゴリ
タグ