2021.8.12ポンド円TOKYO-Summary

米10年債権利回り連動

・米10年債権利回りが1.34%まで低下すると円買いドル売りに。ドル円は110.31まで、ポンド円は153.01まで下落。その後、1.35%まで上昇するとドル円は110.43まで、ポンド円は153.15まで反発。尚、日経平均が20円超安まで下落幅を拡大いていますが、日経平均には反応無しです。

2021.8.12ポンド円LONDON-Summary

米10年債権利回りが再上昇するとドル買い戻し

・米10年債権利回り低下からドル売りに。ポンドドルは1.3878まで、ポンド円は153.19まで上昇。一方でドル円は110.34まで下落。
・18時過ぎから米10年債権利回りが再上昇するとドル買い戻しが入り、ポンドドルは1.3844まで、ポンド円は152.92まで下落。一方でドル円は110.46まで反発上昇となっています。

2021.8.12ポンド円NY-Summary

ユーロポンドでのユーロ買いポンド売り

・米10年債権利回り上昇をきっかけにポンド売り・ドル買いに。その後、金利は伸び悩むもダウ平均下落に伴うリスク回避のドル買いが入り、ポンドドルは1.3820まで、ポンド円は152.55まで下落。一方でドル円は米PPIを上振れを受けて110.54まで上昇。その後、米10年債権利回り上昇一服するクロス円の下落に連れて110.32まで下押し。
・24時を回るとユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進行した事や米財務省30年債入札を受けて米長期金利上昇からのドル買いでポンドドルは1.3795まで、ポンド円は152.32まで下落幅を拡大。一方でドル円は米長期金利上昇を受けて110.47まで反発しています。
カテゴリ
タグ