2021.6.4ポンド円TOKYO-Summary

日経平均下落から円買い

・日経平均が寄り付きから下落幅を拡大すると円買いに。ドル円は110.14まで、ポンド円は155.28まで下落。その後、日経平均が下落幅を縮小すると、ドル円は110.28まで、ポンド円は155.43まで上昇。一方でポンドドルは1.4087まで下落となっています。

2021.6.4ポンド円LONDON-Summary

持ち高調整のユーロ売り・ポンド買い

・米雇用統計を控えて持ち高調整のユーロ売り・ポンド買いが進行。ポンドドルは1.4131まで、ポンド円は155.67まで上昇。一方でドル円は110.10まで下落となっています。

2021.6.4米雇用統計

非農業部門雇用者数は予想を下回ったが、失業率や平均時給は予想に対して改善

・5月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比+55.9人と事前予想の+65.3万人を大きく下回りドル売りが進行。しかし、失業率が5.8%と市場予想の5.9%より改善。平均時給も前月比+0.5%、前年比+2.0%と市場予想の前月比+0.2%、前年比+1.6%と市場予想を上回った事でドル買い戻しも入り、その後、揉み合い。

2021.6.4ポンド円NY-Summary

RBによる金融緩和策の早期縮小観測が後退

・米雇用統計を受けて、FRBによる金融緩和策の早期縮小観測が後退。米10年債利回り低下からドル売りが進行。ドル円は109.36まで、ポンド円は155.03まで下落。一方でポンドドルは1.4200まで上昇。その後、ドル円は109.50を挟んで、ポンド円は155.10を挟んで揉み合い。一方でポンドドルはユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進行した事で1.4155まで上値を切り下げています。
カテゴリ
タグ