2021.5.7ポンド円TOKYO-Summary

原油先物連動

・原油先物上昇を受けて対資源国通貨でドル売りが活発化した事に連れて、ポンドドルは1.3911まで、ポンド円は151.81まで上昇。その後、原油上昇が一服すると、ポンドドルは1.3903まで、ポンド円は151.62まで上値を切り下げる。一方でドル円は原油先物上昇受けてのドル売りで108.93まで下落。その後、日経平均がプラス圏を回復するよ109.18まで反発となっています。

2021.5.7ポンド円LONDON-Summary

QE縮小を意識した欧州通貨買い・米ドル売りが優勢

・昨日のホールデン英中銀理事や本日のカザークスECB理事の発言を受けてのQE縮小を意識した欧州通貨買い・米ドル売りが優勢に。ポンドドルは1.3928まで、ポンド円は152.03まで上昇。その後、米雇用統計の発表を控えて調整が入り、ポンドドルは1.3894まで、ポンド円は151.67まで上値を切り下げています。

2021.5.7米雇用統計

非農業部門雇用者数や失業率の悪化を受けて失望のドル売

・4月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比+26.6人と事前予想の+99.5万人を大きく下回る。失業率も6.1%と市場予想の5.8%より悪化。平均時給も前月比++0.7%、前年比+0.3%と市場予想の前月比0.0%、前年比-0.4%と市場予想を上回る。非農業部門雇用者数や失業率の悪化を受けて失望のドル売りが進行です。

2021.5.7ポンド円NY-Summary

米雇用統計後のドル売り継続

・米雇用統計が低調な内容だった事を受けてのドル売りが加速。ポンドドルは1.4005まで、ポンド円は152.09あmで上昇となっています。
カテゴリ
タグ