2022年12月アーカイブ|FXトレードを始めるならテクニカル分析(FXのなるほど!教えます)

2022年12月の記事一覧

デイトレ派! 集まれ! FX初心者でも実践しやすいトレードスタイル 相場分析と取引手法をご案内

fxdarwin2.jpg

月別アーカイブ:2022年12月

  • 2022/12/29ポンド円

    2022.12.28ポンド円TOKYO-Summary日米金利差拡大を意識した円売り・ドル買い・米長期金利の上昇から日米金利差拡大を意識した円売り・ドル買いが優勢に。ドル円は134.40まで、ポンド円は161.39まで上昇。一方でポンドドルは 1.2002まで下落。・一巡後、ドル円は133.92まで、ポンド円は160.98まで上値を切り下げる。一方でポンドドルはユーロポンドのユーロ売りポンド買いから1.2028まで上昇となっています。2022.12.28ポンド円LOND...

    記事を読む

  • 2022/12/28ポンド円

    2022.12.27ポンド円TOKYO-Summary仲値に掛けて実需(輸入)からの円売り・米10年債権利回り低下からドル売り・円買いが進行。ドルは132.63まで下落。一方でポンドドルは1.2092まで上昇。ポンド円はポンドドルの上昇に連れて160.58まで上昇するも、ドル円の下落に連れた売りの160.26まで下押し。・仲値に掛けて実需(輸入)からの円売りが入るとドル円は133.18まで上昇。一方でポンドドルはユーロポンドのユーロ売りポンド買いから1.210...

    記事を読む

  • 2022/12/27ポンド円

    2022.12.26ポンド円TOKYO-Summary本邦実需からの動き・仲値に向けて本邦実需(輸入)からの円売りが持ち込まれる、ドル円は132.32まで、ポンド円は159.56まで下落。仲値が過ぎると実需が後退し、ドル円は132.62まで、ポンド円は160.08まで買戻が入る。一方でポンドドルは動意薄、1.2070を挟んで揉み合いとなっています。2022.12.26ポンド円LONDON-Summary・欧州諸国・英国・クリスマス・デーの振替やボクシング・デーで休場となりま...

    記事を読む

  • 2022/12/24ポンド円

    2022.12.23ポンド円TOKYO-Summary仲値に掛けてゴトウ日実需(輸入)からの円売り・米10年債利回り上昇からドル買い・円売りや仲値に掛けてゴトウ日実需(輸入)からの円売りから、ドル円は132.82まで上昇。一方でポンドドルは1.2018まで下落。ポンド円はドル円の上昇に連れて159.60まで上昇も、ポンドドルの下落に連れた売り159.28まで下押し。・その後、ポジション調整からポンドドルは1.2058まで上昇するとポンド円の連動し159.93ま...

    記事を読む

  • 2022/12/24FX

    トレード始めるならテクニカル分析:wonderfx初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。FXのデイトレード手法。エントリーからエグジットまで勝つための基礎知識を学びます。         主なテクニカル分析の分類(トレンド系)・移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバン...

    記事を読む

  • 2022/12/23ポンド円

    2022.12.22ポンド円TOKYO-Summary・10年債利回り低下・10年債利回り低下からドル売り・円買いが進み、ドル円は131.64まで下落。一方でポンドドルは1.2135まで上昇。ポンド円はドル円の下落に連れて159.43まで下落するも、ポンドドルの上昇に連れた買いも入り、その後は159.94まで持ち直しています。2022.12.22ポンド円LONDON-Summaryユーロポンドでのユーロ買いポンド売りに転換・英7-9月期英GDP改定値が速報値から下方修正された...

    記事を読む

  • 2022/12/22ポンド円

    2022.12.21ポンド円TOKYO-Summary米10年債利回り上昇・米10年債利回り上昇からドル買い・円売りが進行。ドル円は132.38まで、ポンド円は161.05まで上昇。一方でポンドドルは1.2161まで下落。・米10年債権利回りの上昇が一服すると、手掛かり材料難からドル円は132.20を挟んで、ポンド円は160.75を挟んで、ポンドドルは1.2165を挟んで揉み合いとなっています。2022.12.21ポンド円LONDON-Summary英国の公的部門借り入れ額の拡大から...

    記事を読む

  • 2022/12/21ポンド円

    2022.12.20ポンド円TOKYO-Summary日銀が緩和縮小、事実上の利上げから急落・ゴトウ日実需(輸入)からの円売りから、ドル円は137.47まで、ポンド円は166.96まで上昇。一方でポンドドルは1.2150を挟んで揉み合い。・日銀は金融政策決定会合で10年国債金利の操作目標を0.00%で維持する事を決定。一方でイールドカーブコントロール政策を修正した事でドル売り・円買いが加速。ドル円は133.09まで、ポンド円は161.51まで急落。・一方で...

    記事を読む

  • 2022/12/20ポンド円

    2022.12.19ポンド円TOKYO-Summary日銀政策会合への警戒感から上下に振れる・早朝、政府内の一部で政府と日銀が定めた共同声明の見直し論が浮上しているとの報道を受けて円買いが進行。ドル円は135.79まで、ポンド円は165.16まで下落。一巡後は下値を切り上げる動きが強り、まった。一時136.61まで、ポンド円は166.10円まで上昇。 ・日銀政策会合への警戒感から再び円買いに。ドル円は135.76まで下落。一方でポンドドルはユーロポン...

    記事を読む

  • 2022/12/17ポンド円

    2022.12.16ポンド円TOKYO-Summaryドル売り調整・昨日のドル高に対するドル売り調整や本邦実需(輸出)からの円買いで、ドル円は136.95まで、ポンド円は167.38まで下落。一方でポンドドルもドル売り調整から1.2223まで上昇となっています。2022.12.16ポンド円LONDON-Summary欧州株やダウ先物続落からリスク回避・欧州株やダウ先物続落からリスク回避のドル買いと同時に円買いも進行。ポンドドルは1.2119まで、ポンド円は166.12まで下...

    記事を読む

2022.12.28 Summary

2022.12.28ポンド円TOKYO-Summary

日米金利差拡大を意識した円売り・ドル買い

・米長期金利の上昇から日米金利差拡大を意識した円売り・ドル買いが優勢に。ドル円は134.40まで、ポンド円は161.39まで上昇。一方でポンドドルは 1.2002まで下落。
・一巡後、ドル円は133.92まで、ポンド円は160.98まで上値を切り下げる。一方でポンドドルはユーロポンドのユーロ売りポンド買いから1.2028まで上昇となっています。

2022.12.28ポンド円LONDON-Summary

・ユーロポンドのユーロ売りポンド買い

・ユーロポンドのユーロ売りポンド買いが進行。ポンドドルは1.2090まで、ポンド円は161.81まで上昇。一方でドル円は米10年債権利回り低下からのドル売り・円買いで133.62まで下落となっています。

2022.12.28ポンド円NY-Summary

FIXに絡んだユーロポンドでのユーロ買いポンド売りフロー

・ユーロポンドのユーロ売りポンド買いから、ポンドドルは1.2126まで、ポンド円は162.34まで上昇。その後、FIXに絡んだユーロポンドでのユーロ買いポンド売りフローが入ると、ポンド円は1.2022まで、ポンド円は161.38まで失速。
・一方でドル円は米10年債権利回り上昇からのドル買い・円売りで134.49まで上昇となっています。
カテゴリ
タグ

2022.12.27 Summary

2022.12.27ポンド円TOKYO-Summary

仲値に掛けて実需(輸入)からの円売り

・米10年債権利回り低下からドル売り・円買いが進行。ドルは132.63まで下落。一方でポンドドルは1.2092まで上昇。ポンド円はポンドドルの上昇に連れて160.58まで上昇するも、ドル円の下落に連れた売りの160.26まで下押し。
・仲値に掛けて実需(輸入)からの円売りが入るとドル円は133.18まで上昇。一方でポンドドルはユーロポンドのユーロ売りポンド買いから1.2103まで上昇。ポンド円は両通貨の上昇に連動し160.85まで上昇。
・仲値経過後、実需が後退するとドル円は132.78まで下押し。一方でポンドドルはユーロポンドのユーロ売りポンド買いが一服した事で1.2079まで下押し。ポンド円は両通貨の下押しから160.48まで下落となっています。

2022.12.27ポンド円LONDON-Summary

中国経済活動正常化期待を背景にリスク選好

・中国が新型コロナの検疫措置などをすべて撤回する発表。中国経済活動正常化期待を背景にリスク選好の円売りが進行しドル円は133.37まで上昇。一方でポンドドルはユーロポンドでのユーロ買いポンド売りから1.2027まで下落。ポンド円はドル円の上昇に連れて160.95まで上昇するも、ポンドドルの下落に連れた売りも入り、その後は160.29まで下落となっています。

2022.12.27ポンド円NY-Summary

米債権連動

・米11月米卸売在庫が市場予想を上回り、米10月米ケース・シラー住宅価格指数も市場予想より強い内容となった事から米10年債利回り上昇からドル買い・円売りが進行。ドル円は133.58まで上昇。一方でポンドドルは1.2002まで下落。その後、米10年債権利回りが上昇幅を縮小すると、ドル円は133.18まで下押し。一方でポンドドルは1.2048まで反発。
・25時過ぎから再び米10年債権利回りが上昇すると、ドル円は133.50まで上昇。一方でポンドドルは1.2008まで下落。
・ポンド円はドル円とポンドドルのドルの綱引きから160.40を挟んで方向性の無い展開となっています。
カテゴリ
タグ

2022.12.26 Summary

2022.12.26ポンド円TOKYO-Summary

本邦実需からの動き

・仲値に向けて本邦実需(輸入)からの円売りが持ち込まれる、ドル円は132.32まで、ポンド円は159.56まで下落。仲値が過ぎると実需が後退し、ドル円は132.62まで、ポンド円は160.08まで買戻が入る。一方でポンドドルは動意薄、1.2070を挟んで揉み合いとなっています。

2022.12.26ポンド円LONDON-Summary

・欧州諸国・英国・クリスマス・デーの振替やボクシング・デーで休場となります。LONDON-Summaryの配信は休止させて頂きます。

2022.12.26ポンド円NY-Summary

・米国市場がクリスマス・デーの振替で休場となります。NY-Summaryの配信は休止させて頂きます。
カテゴリ
タグ

2022.12.23 Summary

2022.12.23ポンド円TOKYO-Summary

仲値に掛けてゴトウ日実需(輸入)からの円売り

・米10年債利回り上昇からドル買い・円売りや仲値に掛けてゴトウ日実需(輸入)からの円売りから、ドル円は132.82まで上昇。一方でポンドドルは1.2018まで下落。ポンド円はドル円の上昇に連れて159.60まで上昇も、ポンドドルの下落に連れた売り159.28まで下押し。
・その後、ポジション調整からポンドドルは1.2058まで上昇するとポンド円の連動し159.93まで上昇となっています。

2022.12.23ポンド円LONDON-Summary

4連休を控えたポンドの買い戻し

・英国4連休を控えたポンドの買い戻しで、ポンドドルは1.2090まで、ポンド円は160.30まで上昇。その後、米10年債権利回り上昇からのドル買いで、ポンドドルは1.2023まで、ポンド円は159.80まで上値を切り上げる。
・一方でドル円は米10年債権利回り上昇を受けてのドル買い・円売りで133.02まで上昇となっています。

2022.12.23ポンド円NY-Summary

ユーロポンドでのユーロ買いポンド売りに転換

・米10年債利回りが上昇するとドル買い・円売りが進行シドル円は133.14まで、ポンド円は160.21まで上昇。一方でポンドドルは1.2028まで下落。
・ユーロポンドのユーロ売りポンド買いから、ポンドドルは1.2086まで、ポンド円は160.53まで上昇。25時過ぎからユーロポンドでのユーロ買いポンド売りに転換すると、ポンドドルは1.2028まで、ポンド円は159.77まで下落。
・ドル円は米12月ミシガン大学消費者信頼感指数[確報]の1年期待インフレ率が2021年6月以来の低水準となった事を受けて米10年債権利回りが上昇幅を縮小すると132.73まで下落。その後、米10年債権利回りが上昇に転じると132.93まで再上昇となっています。
カテゴリ
タグ

FXのデイトレード手法 エントリーからエグジットまで勝つための基礎知識を学ぶ

  • 投稿 2022/12/24
  • FX
広告4
(130)pixta_85083368_S20221224.jpg

トレード始めるならテクニカル分析:wonderfx

初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。
FXのデイトレード手法。エントリーからエグジットまで勝つための基礎知識を学びます。

HOME3.jpg   お試し10日間-3   募集概要-3   入会受付新規継続再入会-6

主なテクニカル分析の分類
(トレンド系)・移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンド・パラポリック・ポイント・アンド・フィギア・ペンタゴンチャート(オシレーター系)・RSI・ストキャスティクス・DMI・MACD・CCI(総合系)・ヒストリカル・ボラティリティ・ボラティリティシステム

2022.12.22 Summary

2022.12.22ポンド円TOKYO-Summary

・10年債利回り低下

・10年債利回り低下からドル売り・円買いが進み、ドル円は131.64まで下落。一方でポンドドルは1.2135まで上昇。ポンド円はドル円の下落に連れて159.43まで下落するも、ポンドドルの上昇に連れた買いも入り、その後は159.94まで持ち直しています。

2022.12.22ポンド円LONDON-Summary

ユーロポンドでのユーロ買いポンド売りに転換

・英7-9月期英GDP改定値が速報値から下方修正された事を受け、ポンドドルは1.2100まで、ポンド円は159.63まで下落。
・ユーロポンドのユーロ売りポンド買いからポンドドルは1.2148まで、ポンド円は160.25まで上昇。18時過ぎからユーロポンドでのユーロ買いポンド売りに転換すると、ポンドドルは1.2041まで、ポンド円は159.06まで下落。
・一方でドル円は米10年債権利回りが上昇に転じて円売りが進行し132.19まで上昇となっています。

2022.12.22ポンド円NY-Summary

良好な米経済指標を受けてドル買い

・米7-9月期GDP確定値が上方修正された事や個人消費やコアPCEも市場予想より強い内容だった事で米10年債権利回り上昇からドル買い・円売りが進行。ポンドドルは1.1992まで、ポンド円は158.80まで下落。一方でドル円はストップロスを誘発し132.72まで上昇。
・ユーロポンドのユーロ売りポンド買いからポンドドルは1.2048まで、ポンド円は159.50まで反発。一方でドル円はダウ平均800ドル超安からリスク回避の円買いで132.17まで失速。その後、ダウ平均が下落幅を縮小すると132.50までショートカバーが入っています。
カテゴリ
タグ

2022.12.21 Summary

2022.12.21ポンド円TOKYO-Summary

米10年債利回り上昇

・米10年債利回り上昇からドル買い・円売りが進行。ドル円は132.38まで、ポンド円は161.05まで上昇。一方でポンドドルは1.2161まで下落。
・米10年債権利回りの上昇が一服すると、手掛かり材料難からドル円は132.20を挟んで、ポンド円は160.75を挟んで、ポンドドルは1.2165を挟んで揉み合いとなっています。

2022.12.21ポンド円LONDON-Summary

英国の公的部門借り入れ額の拡大からポンド売り

・英国の11月財政収支は220億ポンドと赤字となった事や英11月公共部門純借入所要額は+203億ポンド と10月は+100億ポンドから借り入れ額の拡大された事で、ユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進行し、ポンドドルは1.2091まで、ポンド円は159.47まで下落。一方でドル円は米10年債権利回り低下に伴うドル売り・円買いから131.54まで下落となっています。

2022.12.21ポンド円NY-Summary

米債権連動

・米10年債権利回り低下を背景にドル売りが進行。ポンドドルは1.2164まで、ポンド円は160.87まで上昇。その後、米10年債権利回りが上昇に転じるとドル買い戻しが優勢となり、ポンドドルは1.2055まで、ポンド円は159.54
まで下落。一方でドル円はダウ先物上昇や原油先物価格の上昇を受けて豪ドル買い・円売りが進行した事に連れて、ドル円は132.53まで上昇。たた、円売りは続かずにその後は131.79まで失速。その後、米10年債権利回りが上昇に転じると132.50まで再上昇。
・米10年債権利回りの上昇が一服すると、ドル円は132.08まで上値を切り下げる。一方でポンドドルは1.2096まで下値を切り上げる。ポンド円は両通貨のドル売りの綱引きで159.85を挟んで揉み合いとなっています。
カテゴリ
タグ

2022.12.20 Summary

2022.12.20ポンド円TOKYO-Summary

日銀が緩和縮小、事実上の利上げから急落

・ゴトウ日実需(輸入)からの円売りから、ドル円は137.47まで、ポンド円は166.96まで上昇。一方でポンドドルは1.2150を挟んで揉み合い。
・日銀は金融政策決定会合で10年国債金利の操作目標を0.00%で維持する事を決定。一方でイールドカーブコントロール政策を修正した事でドル売り・円買いが加速。ドル円は133.09まで、ポンド円は161.51まで急落。
・一方でポンドドルはドル円のドル売りの流れを受けて1.2224まで上昇も、その後、米10年債権利回りが急上昇した事で1.2125まで急落となっています。

2022.12.20ポンド円LONDON-Summary

黒田日銀総裁の会見終了後、再びドル売り・円買い

・黒田日銀総裁はイールドカーブコントロール政策の修正は利上げではなく、緩和策の出口でもないと否定。出口戦略の具体的な議論は時期尚早とも発言。追加緩和にも言及うした事で、ドル円は133.70まで、ポンド円は162.28まで反発も、会見終了後は再びドル売り・円買いが持ち込まれて、ドル円は131.99まで、ポンド円は160.29まで下落。一方でドル円のドル売りの影響から1.2197まで上昇となっています。

2022.12.20ポンド円NY-Summary

ドル売り・円買いトレンドが継続

・日銀のイールドカーブコントロール政策の修正(事実上の利上げ)に踏み切った事を受けてのドル売り・円買いトレンドが継続。ドル円は130.56まで、ポンド円は158.58まで下落。一方でポンドドルはユーロポンドでのユーロ買いポンド売りから1.2098まで下落も、ドル円のドル売りを受けて1.2168まで切り返え。
・2時過ぎから東京時間からの大幅下落に対する調整で、ドル円は131.70まで、ポンド円は160.26までショートカバー。一方でポンドドルはドル円のドル買い戻しと、ユーロポンドのユーロ売りポンド買いが相殺し揉み合いとなっています。
カテゴリ
タグ

2022.12.19 Summary

2022.12.19ポンド円TOKYO-Summary

日銀政策会合への警戒感から上下に振れる

・早朝、政府内の一部で政府と日銀が定めた共同声明の見直し論が浮上しているとの報道を受けて円買いが進行。ドル円は135.79まで、ポンド円は165.16まで下落。一巡後は下値を切り上げる動きが強り、まった。一時136.61まで、ポンド円は166.10円まで上昇。
・日銀政策会合への警戒感から再び円買いに。ドル円は135.76まで下落。一方でポンドドルはユーロポンドのユーロ売りポンド買いから1.2202まで上昇。ポンド円はドル円の下落に連れて165.47まで下落するも、ポンドドルの上昇に連れた買いも入り、その後は166.13まで持ち直す。
・松野官房長官による政府・日銀の共同声明改定報道について、そのような方針を固めた事実はないと否定した事で
円売り戻しが入り、ドル円は136.35まで上昇一方でポンドドルはユーロポンドでのユーロ買いポンド売りに転換した事で1.2175まで下落。ポンド円はドル円の上昇に連れて166.13まで上昇するも、ポンドドルの下落に連れた売りも入り、その後は165.75まで下落となっています。

2022.12.19ポンド円LONDON-Summary

米10年債利回りの上昇からのドル買い・円売り

・ユーロポンドのユーロ売りポンド買いから、ポンドドルは1.2242まで、ポンド円は166.45まで上昇。その後、ユーロポンドのユーロ売りポンド買いが一服すると、米10年債権利回り上昇からのドル買いで、ポンドドルは1.278まで、ポンド円は169.85まで下落。
・一方でドル円は米10年債利回りの上昇からのドル買い・円売りで136.39まで上昇となっています。

2022.12.19ポンド円NY-Summary

米債権や原油先物に連動

・米10年債利回りが上昇幅を拡大しドル買い・円売りが加速。FXIに絡んだドル買いフローも入り、ドル円は137.16まで上昇。一方でポンドドルも米10年債権利回り上昇を受けてのドル買いや、原油先物安を背景に対資源国通貨でドル買いが進んだ影響も受けて1.2120まで下落。ポンド円はドル円の上昇166.57まで上昇するも、ポンドドルの下落に連れた売りも入り、その後は165.94まで下落。
・原油先物価格が反発上昇するとドル売り戻しが入り、ポンドドルは1.2193まで、ポンド円は166.90まで上昇。しかし、再び下落に転じると、ポンドドルは1.2139まで、ポンド円は166.21まで上値を切り下げています。
カテゴリ
タグ

2022.12.16 Summary

2022.12.16ポンド円TOKYO-Summary

ドル売り調整

・昨日のドル高に対するドル売り調整や本邦実需(輸出)からの円買いで、ドル円は136.95まで、ポンド円は167.38まで下落。一方でポンドドルもドル売り調整から1.2223まで上昇となっています。

2022.12.16ポンド円LONDON-Summary

欧州株やダウ先物続落からリスク回避

・欧州株やダウ先物続落からリスク回避のドル買いと同時に円買いも進行。ポンドドルは1.2119まで、ポンド円は166.12まで下落。19時過ぎから株価の下落が一巡するとドル買い戻しが入り、ポンドドルは1.2216まで、ポンド円は167.37まで反発上昇。
一方でドル円はリスク回避の円買いから136.82まで下落、。ただ欧州通貨のドル買いが進行した事もあり、その後は下げ渋りとなっています。

2022.12.16ポンド円NY-Summary

低調な米指標を受けてドル売り

・米12月製造業PMIと非製造業PMI速報値が市場予想を下回った事や米10年債権利回り低下からドル売り・円買いが進行。ドル円は136.29まで、ポンド円は165.98まで下落。
・一方でポンドドルは米10年債権利回り低下からのドル売りで1.2222まで上昇。その後、ユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進行すると1.2145まで下落。1時過ぎからユーロポンドのユーロ売りポンド買いに転換すると1.2195まで反発しています。
カテゴリ
タグ
Copyright©2020-2021 fxdarwin All Rights Reserved.

この著作権は樫木鋼太郎に帰属。無断転載を禁じます。ヘッダ画像の著作はmiceking / PIXTA。