2022年11月アーカイブ|FXトレードを始めるならテクニカル分析(FXのなるほど!教えます)

2022年11月の記事一覧

デイトレ派! 集まれ! FX初心者でも実践しやすいトレードスタイル 相場分析と取引手法をご案内

fxdarwin2.jpg

月別アーカイブ:2022年11月

  • 2022/11/30ポンド円

    2022.11.29ポンド円TOKYO-Summaryリスク回避後退・香港ハンセン指数や上海総合指数が反発上昇スタートすると、リスク回避後退から円売りが進行。ドル円は139.35まで、ポンド円は16661まで上昇。同時にリスク回避後退からオセアニア通貨や欧州通貨が対ドルで上昇した事で、ドル円は相対的なドルの売りの影響を受けて138.41まで失速。一方でポンドドルは1.2022まで上昇。ポンド円はドル円とポンドドルの相反する動きから166.40を挟ん...

    記事を読む

  • 2022/11/29ポンド円

    2022.11.28ポンド円TOKYO-Summaryリスク回避・ゼロコロナ政策を続ける中国で政府への抗議活動が激化。これを受け中国景気悪化や政治不安への懸念から、香港ハンセン指数や上海総合指数が全面安からリスク回避の円買いが進行。更に米10年債権利回りも低下(日米金利差縮小を意識した)した事で、ドル円は138.33まで、ポンド円は16659まで下落。・一方でポンドドルは原油先物安を背景に対資源国通貨でドル買いが進んだ影響も受けて1.20...

    記事を読む

  • 2022/11/26ポンド円

    2022.11.25ポンド円TOKYO-Summary実需が後退し、更に米10年債権利回りが低下からのドル売り・円買いが進行・ゴトウ日実需(輸入)からの円売りから、ドル円は139.05まで、ポンド円は168.31まで上昇。仲値経過後、実需が後退し、更に米10年債権利回りが低下からのドル売り・円買いが進行すると、ドル円は138.37まで、ポンド円は167.68まで下落。一方でポンドドルはユーロポンドのユーロ売りポンド買いから1.2128まで上昇。14時過ぎか...

    記事を読む

  • 2022/11/26FX

    トレード始めるならテクニカル分析:wonderfx初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。FX初心者向けのずっと使えるテクニカル分析法。かんたんな売買ポイントの見つけ方をご案内しています         主なテクニカル分析の分類(トレンド系)・移動平均線・一目均衡表・ボ...

    記事を読む

  • 2022/11/25ポンド円

    2022.11.24ポンド円TOKYO-Summary昨日からのドル売り地合いが継続・昨日からのドル売り地合いが継続。ドル円は138.60まで下落。一方でポンドドルは1.1213まで上昇。ポンド円はドル円の下落に連れて167.65まで下落するも、ポンドドルの上昇に連れた買いも入り、その後は168.08まで持ち直しています。2022.11.24ポンド円LONDON-Summaryドル売り・円買いが継続・米感謝祭で流動性が極端に低下する中、ドル売り・円買いが継続。ドル円...

    記事を読む

  • 2022/11/24ポンド円

    2022.11.23ポンド円TOKYO-Summaryドル買い戻しが優勢・東京市場が休場の中、ドル買い戻しが優勢に。ドル円は141.51、ポンド円は168.06まで上昇。一方でポンドドルはユーロポンドでのユーロ買いポンド売りから1.1872まで下落となっています。2022.11.23ポンド円LONDON-Summary英11月製造業PMIや非製造業PMI(速報)が市場予想を上回った事でポジティブサプライズ・対オセアニア通貨や対ユーロドルのドル売りが一服した事から、ドル...

    記事を読む

  • 2022/11/23ポンド円

    2022.11.22ポンド円TOKYO-Summary米10年債権利回り低下・米10年債権利回り低下からのドル売り・円買いや祝日前の利益確定の円買いで、ドル円は141.63、ポンド円は167.91まで下落。一方でポンドドルはドル売りの流れに沿って1.1864まで上昇となっています。2022.11.22ポンド円LONDON-Summary米10年債利回りが低下をきっかけにドル売り・米10年債利回りが低下するにつれてドル売りが強まり、ドル円は141.08,ポンド円は167.35まで下...

    記事を読む

  • 2022/11/22ポンド円

    2022.11.21ポンド円TOKYO-Summary香港ハンセン指数や上海総合指数が大幅安・米10年債権利回り低下も、香港ハンセン指数や上海総合指数が大幅安から対オセアニア通貨でのドル買いが進行した動きに連れて、ポンドドルは1.1828まで、ポンド円は166.14まで下落。一方でドル円は対オセアニア通貨や対欧州通貨に対してドル買いが進行した流れに沿って140.57まで上昇も、米10年債権利回りが低下した事で伸び悩んでいます。2022.11.21ポン...

    記事を読む

  • 2022/11/19ポンド円

    2022.11.18ポンド円TOKYO-Summary対オセアニア通貨を中心に全般ドル売り・米10年債権利回り上昇幅縮小に伴いドル売り・円買いに。ポンドドルは1.1896まで、ポンド円は166.84まで上昇。一方でドル円は140.10まで下落。・対オセアニア通貨を中心に全般ドル売りの流れから、ドル円は139.64まで、ポンド円は166.31まで下落。一方でポンドドルは1.1932まで上昇となっています。2022.11.18ポンド円LONDON-Summary対ユーロからの動き・ユ...

    記事を読む

  • 2022/11/19FX

    トレード始めるならテクニカル分析:wonderfx初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。FXトレーダーのためのローソク足や移動平均線を使ったテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方をご案内。         主なテクニカル分析の分類(トレンド系)・移動平均線・一目均...

    記事を読む

2022.11.29 Summary

2022.11.29ポンド円TOKYO-Summary

リスク回避後退

・香港ハンセン指数や上海総合指数が反発上昇スタートすると、リスク回避後退から円売りが進行。ドル円は139.35まで、ポンド円は16661まで上昇。同時にリスク回避後退からオセアニア通貨や欧州通貨が対ドルで上昇した事で、ドル円は相対的なドルの売りの影響を受けて138.41まで失速。一方でポンドドルは1.2022まで上昇。ポンド円はドル円とポンドドルの相反する動きから166.40を挟んで方向性の無い展開となっています。

2022.11.29ポンド円LONDON-Summary

対ユーロからの動き

・ユーロポンドのユーロ売りポンド買いが進行。ポンドドルは1.2064まで、ポンド円は166.68まで上昇。18時を過ぎるとユーロポンドでのユーロ買いポンド売りに転換。ポンドドルは1.1980まで、ポンド円は165.53まで下落。
・一方でドル円は米10年債権利回りが再び低下した事で円買いが進行し137.86まで下落となっています。

2022.11.29ポンド円NY-Summary

米10年債利回り上昇を受けてドル買い・円売りが強まる

・米10年債利回り上昇を受けてドル買い・円売りが強まり、ドル円は138.85まで上昇。一方でポンドドルは1.1947
まで下落。ポンド円はドル円の上昇に連れて166.02まで上昇するも、ポンドドルの下落に連れた売りも入り、その後は165.60まで下落となっています。
カテゴリ
タグ

2022.11.28 Summary

2022.11.28ポンド円TOKYO-Summary

リスク回避

・ゼロコロナ政策を続ける中国で政府への抗議活動が激化。これを受け中国景気悪化や政治不安への懸念から、香港ハンセン指数や上海総合指数が全面安からリスク回避の円買いが進行。更に米10年債権利回りも低下(日米金利差縮小を意識した)した事で、ドル円は138.33まで、ポンド円は16659まで下落。
・一方でポンドドルは原油先物安を背景に対資源国通貨でドル買いが進んだ影響も受けて1.2025まで下落となっています。

2022.11.28ポンド円LONDON-Summary

米債権連動

・米10年債権利回り低下からドル売り・円買いが進行。ドル円は137.50まで、ポンド円は166.28まで下落。一方でポンドドルは1.2118まで上昇。・一巡後は米10年債権利回りの低下幅縮小に伴い、ドル買い・円売りに。ドル円は138.29まで、ポンド円は167.15まで反発上昇。一方でポンドドルは1.2080まで上値を切り下げています。

2022.11.28ポンド円NY-Summary

FRB高官らのタカ派的な発言からドル買い

・ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁やブラード米セントルイス連銀総裁のタカ派寄り発言から米10年債利回りが上昇しドル買い・円売り・ドル買いが強まり、ポンドドルは1.1940まで、ポンド円は165.89まで下落。一方でドル円は139.01まで上昇となっています。
カテゴリ
タグ

2022.11.25 Summary

2022.11.25ポンド円TOKYO-Summary

実需が後退し、更に米10年債権利回りが低下からのドル売り・円買いが進行

・ゴトウ日実需(輸入)からの円売りから、ドル円は139.05まで、ポンド円は168.31まで上昇。仲値経過後、実需が後退し、更に米10年債権利回りが低下からのドル売り・円買いが進行すると、ドル円は138.37まで、ポンド円は167.68まで下落。一方でポンドドルはユーロポンドのユーロ売りポンド買いから1.2128まで上昇。14時過ぎからユーロポンドでのユーロ買いポンド売りで1.2102まで上値を切り下げています。

2022.11.25ポンド円LONDON-Summary

米10年債利回りが上昇に転じた事を受けてドル買い・円売りが強まる

・米10年債利回りが上昇に転じた事を受けてドル買い・円売りが強まり、ドル円は139.60まで、ポンド円は168.80まで上昇。一方でポンドドルもドル買いの流れで1.2071まで下落するも、同時にユーロポンドのユーロ売りポンド買いが進行した事で下げ渋っています。

2022.11.25ポンド円NY-Summary

米10年債利回りが低下に転じた事を受けてドル売り・円買い

・米10年債利回りが低下に転じた事を受けてドル売り・円買いが進行。ドル円は139.00まで下落。一方でポンドドルは1.2111まで上昇。ポンド円はドル円の下落に連れて167.86まで下落するも、ポンドドルの上昇に連れた買いも入り、その後は168.30まで持ち直しています。
カテゴリ
タグ

FX初心者向け ずっと使えるテクニカル分析法 かんたんな売買ポイントの見つけ方

  • 投稿 2022/11/26
  • FX
広告4
(126)pixta_64913926_S20221126.jpg

トレード始めるならテクニカル分析:wonderfx

初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。
FX初心者向けのずっと使えるテクニカル分析法。かんたんな売買ポイントの見つけ方をご案内しています

HOME3.jpg   お試し10日間-3   募集概要-3   入会受付新規継続再入会-6

主なテクニカル分析の分類
(トレンド系)・移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンド・パラポリック・ポイント・アンド・フィギア・ペンタゴンチャート(オシレーター系)・RSI・ストキャスティクス・DMI・MACD・CCI(総合系)・ヒストリカル・ボラティリティ・ボラティリティシステム

2022.11.24 Summary

2022.11.24ポンド円TOKYO-Summary

昨日からのドル売り地合いが継続

・昨日からのドル売り地合いが継続。ドル円は138.60まで下落。一方でポンドドルは1.1213まで上昇。ポンド円はドル円の下落に連れて167.65まで下落するも、ポンドドルの上昇に連れた買いも入り、その後は168.08まで持ち直しています。

2022.11.24ポンド円LONDON-Summary

ドル売り・円買いが継続

・米感謝祭で流動性が極端に低下する中、ドル売り・円買いが継続。ドル円は138.04まで下落。一方でポンドドルはユーロポンドのユーロ売りポンド買いから1.2132まで上昇。ポンド円はドル円の下落に連れて167.16まで下落するも、ポンドドルの上昇に連れた買いも入り、その後は167.479まで持ち直しています。

2022.11.24ポンド円NY-Summary

対ユーロからの動き

・英10年債権利回りが上昇する中、ユーロポンドのユーロ売りポンド買いから、ポンドドルは1.2153まで、ポンド円は168.03まで上昇。25時過ぎからユーロポンドでのユーロ買いポンド売りに転換すると、ポンドドルは1.2110まで、ポンド円は167.64まで上値を切り下げる。一方でドル円はアジア時間から円買いが進んだ反動による持ち高調整の円売りで138.51まで反発となっています。
カテゴリ
タグ

2022.11.23 Summary

2022.11.23ポンド円TOKYO-Summary

ドル買い戻しが優勢

・東京市場が休場の中、ドル買い戻しが優勢に。ドル円は141.51、ポンド円は168.06まで上昇。一方でポンドドルはユーロポンドでのユーロ買いポンド売りから1.1872まで下落となっています。

2022.11.23ポンド円LONDON-Summary

英11月製造業PMIや非製造業PMI(速報)が市場予想を上回った事でポジティブサプライズ

・対オセアニア通貨や対ユーロドルのドル売りが一服した事から、ドル円のドル買い戻しが進行し141.61まで上昇。一方でポンドドルはユーロポンドのユーロ売りポンド買いや、リセッション入りした英国の英11月製造業PMIや非製造業PMI(速報)が市場予想を上回った事でポジティブサプライズからポンド買いが進行し1.1946まで上昇。ポンド円は両通貨の上昇に支えられて169.00まで上昇となっています。

2022.11.23ポンド円NY-Summary

低調な米経済指標が相次ぎドル売り活発化

・米新規失業保険申請件数、米製造業PMIや米非製造業PMIが相次ぎ市場予想を下回ると、米10年債権利回り低下からドル売り・円買いが活発化。ドル円は139.16まで、ポンド円は167.91まで下落。一方でポンドドルは1.2037まで上昇も、1時過ぎからユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進行した事で、その後は伸び悩んでいます。
カテゴリ
タグ

2022.11.22 Summary

2022.11.22ポンド円TOKYO-Summary

米10年債権利回り低下

・米10年債権利回り低下からのドル売り・円買いや祝日前の利益確定の円買いで、ドル円は141.63、ポンド円は167.91まで下落。一方でポンドドルはドル売りの流れに沿って1.1864まで上昇となっています。

2022.11.22ポンド円LONDON-Summary

米10年債利回りが低下をきっかけにドル売り

・米10年債利回りが低下するにつれてドル売りが強まり、ドル円は141.08,ポンド円は167.35まで下落。一方でポンドドルは1.1884まで上昇となっています。

2022.11.22ポンド円NY-Summary

米10年債権利回り低下幅拡大

・米10年債権利回り低下幅拡大からドル売り・円買いに。ドル円は141.14まで、ポンド円は167.68まで下落。一方でポンドドルは米10年債権利回り低下からのドル売りとユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが相殺して1.1875を挟んで揉み合いとなっています。
カテゴリ
タグ

2022.11.21 Summary

2022.11.21ポンド円TOKYO-Summary

香港ハンセン指数や上海総合指数が大幅安

・米10年債権利回り低下も、香港ハンセン指数や上海総合指数が大幅安から対オセアニア通貨でのドル買いが進行した動きに連れて、ポンドドルは1.1828まで、ポンド円は166.14まで下落。一方でドル円は対オセアニア通貨や対欧州通貨に対してドル買いが進行した流れに沿って140.57まで上昇も、米10年債権利回りが低下した事で伸び悩んでいます。

2022.11.21ポンド円LONDON-Summary

・米10年債権利回りが上昇からドル買い加速

・米10年債権利回りが上昇に転じた事からドル買い・円売りが進行。ドル円はストップロスを誘発して141.94まで、ポンド円は167.66まで上昇。一方でポンドドルもドル買いの流れに沿って1.1792まで下落も同時にユーロポンドのユーロ売りポンド買いが進行した事でその後は下げ渋りから揉み合いとなっています。

2022.11.21ポンド円NY-Summary

米10年債権利回りが低下幅を縮小

・米10年債権利回りが低下幅を縮小しドル買い・円売りに。ドル円は142.25まで上昇。一方でポンドドルはユーロポンドのユーロ売りポンド買いから1.1824まで上昇。ポンド円は両通貨の上昇に支えられて168.00まで上昇となっています。
カテゴリ
タグ

2022.11.18 Summary

2022.11.18ポンド円TOKYO-Summary

対オセアニア通貨を中心に全般ドル売り

・米10年債権利回り上昇幅縮小に伴いドル売り・円買いに。ポンドドルは1.1896まで、ポンド円は166.84まで上昇。一方でドル円は140.10まで下落。
・対オセアニア通貨を中心に全般ドル売りの流れから、ドル円は139.64まで、ポンド円は166.31まで下落。一方でポンドドルは1.1932まで上昇となっています。

2022.11.18ポンド円LONDON-Summary

対ユーロからの動き

・ユーロポンドのユーロ売りポンド買いが進行すると、ポンドドルは1.1951まで、ポンド円は167.27まで下落。その後、ユーロポンドでのユーロ買いポンド売りに転換すると、ポンドドルは1.1890まで、ポンド円は166.40まで失速。
・一方でドル円は米10年債利回り上昇からのドル買い・円売りで140.29まで上昇。18時以降、対オセアニア通貨主導でドル売りが進行した事や、米10年債権利回りが上昇幅を縮小にした事で139.71まで下押しとなっています。

2022.11.18ポンド円NY-Summary

ドル円の上昇に連れた買い

・コリンズ米ボストン連銀総裁の発言(追加利上げは必要。景気抑制スタンスはしばらくの間維持する必要。政策金利に対する見方は直近のデータに左右されない)を受けて利上げペースの減速観測が後退しドル買いに。ポンドドルは1.1873まで、ポンド円は166.13まで下落。一方でドル円はクロス円の下落に連れて売りと、相反する対欧州・オセアニア通貨でドル買いが進んだ影響を受けた事で揉み合い。
・FIXに掛けてユーロポンドのユーロ売りポンド買いが進行すると、ポンドドルは1.1938まで、ポンド円は166.95まで上昇。
・コリンズ米ボストン連銀総裁の発言(追加利上げの必要性への言及。0.75%利上げの可能性を指摘)から米10年債利回り上昇でドル買い・円売りに。ドル円は140.41まで上昇。一方でポンドドルは1.1877まで下落。一方でポンド円はポンドドルの下落に連れて166.51まで下落するも、ドル円の上昇に連れた買いも入り、その後は166.98までで持ち直しています。
カテゴリ
タグ

FXトレーダーのためのローソク足や移動平均線を使ったテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方

  • 投稿 2022/11/19
  • FX
広告4
(125)pixta_88298856_S20221119_20221118173138b51.jpg

トレード始めるならテクニカル分析:wonderfx

初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。
FXトレーダーのためのローソク足や移動平均線を使ったテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方をご案内。

HOME3.jpg   お試し10日間-3   募集概要-3   入会受付新規継続再入会-6

主なテクニカル分析の分類
(トレンド系)・移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンド・パラポリック・ポイント・アンド・フィギア・ペンタゴンチャート(オシレーター系)・RSI・ストキャスティクス・DMI・MACD・CCI(総合系)・ヒストリカル・ボラティリティ・ボラティリティシステム
Copyright©2020-2021 fxdarwin All Rights Reserved.

この著作権は樫木鋼太郎に帰属。無断転載を禁じます。ヘッダ画像の著作はmiceking / PIXTA。