2022年08月アーカイブ|FXトレードを始めるならテクニカル分析(FXのなるほど!教えます)

2022年08月の記事一覧

デイトレ派! 集まれ! FX初心者でも実践しやすいトレードスタイル 相場分析と取引手法をご案内

fxdarwin2.jpg

月別アーカイブ:2022年08月

  • 2022/08/31ポンド円

    2022.8.30ポンド円TOKYO-Summary・米10年債権利回り低下からのドル売り・米10年債権利回り低下からのドル売りやオフショア市場でドルが対人民元で売りが強まった事を受けて、ドル円は138.33まで、ポンド円は161.96まで下落。一方でポンドドルは米10年債権利回りの低下を受けて1.1727ま上昇も、その後はユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進み1.1687まで下落となっています。2022.8.30ポンド円LONDON-Summary天然ガス価格の下...

    記事を読む

  • 2022/08/30ポンド円

    2022.8.29ポンド円TOKYO-Summaryドル全面高 ・米10年債利回り上昇幅拡大からドル買いが加速。ドル円は139.00まで上昇。一方でポンドドルは米10年債権利回り上昇からのドル買いと英景気鈍化への警戒感からのポンド売りで1.1648まで下落。ポンド円は両通貨のドル買いの綱引きで序盤は揉み合い。その後、ドル円のドル買いに連れて161.93まで上昇となっています。2022.8.29ポンド円LONDON-Summary方向性の定まらない展開・ユーロドルの...

    記事を読む

  • 2022/08/27ポンド円

    2022.8.26ポンド円TOKYO-Summaryユーロポンドでのユーロ買いポンド売り・米10年債権利回り上昇を背景にドル買い・円売りが進行。ドル円は136.74まで上昇。一方でポンドドルは1.1810まで下落。ポンド円は両通貨のドル買いの綱引きで161.55を挟んで揉み合い。・ユーロポンドのユーロ売りポンド買いから、ポンドドルは1.1832まで、ポンド円は161.72まで上昇。その後、ユーロポンドでのユーロ買いポンド売りに転換すると、ポンドドルは...

    記事を読む

  • 2022/08/27FX

    トレード始めるならテクニカル分析:wonderfx初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。カンタンFX入門。チャートの基礎知識とテクニカル指標、そしておすすめの稼ぎ方をわかりやすく解説しています。         主なテクニカル分析の分類(トレンド系)・移動平均線・一目...

    記事を読む

  • 2022/08/26ポンド円

    2022.8.25ポンド円TOKYO-Summary米10年債利回り低下が重し ・ゴトウ日実需(輸出)からの円買いから、ドル円は136.73まで、ポンド円は161.54まで下落。一方でポンドドルは対円でドル売りが進んだ影響から1.1815まで上昇。・米10年債権利回り低下からドル売り・円買いに。ポンドドルは1.1849まで、ポンド円は161.80まで上昇。一方でドル円は136.51まで下落幅を拡大しています。2022.8.25ポンド円LONDON-Summary英・米10年債権利回り低...

    記事を読む

  • 2022/08/25ポンド円

    2022.8.24ポンド円TOKYO-Summary日経平均やダウ先物の下落からリスク回避・日経平均やダウ先物の下落からリスク回避のドル買い・円買いが同時進行。ドル円は136.36まで、ポンド円は161.16まで下落。一方でポンドドルもリスク回避から1.1799まで下落。その後、ユーロポンドのユーロ売りポンド買いを受けて1.1830まで反発しています。尚、米10年債権利回りも3.059%から3.030%まで下落となりドル売り要因となっています。2022.8.24...

    記事を読む

  • 2022/08/24ポンド円

    2022.8.23ポンド円TOKYO-Summaryアジア主要株ほぼ全面安・米10年債権利回り上層幅を縮小からのドル売り・円買いや持ち高調整の円買いで、ドル円は137.08まで、ポンド円は161.22まで下落。一方でポンドドルはドル円のドル売りの流れに沿って1.1785まで上昇。その後、アジア主要株ほぼ全面安からリスク回避のドル買いが進み1.1745まで下落となっています。2022.8.23ポンド円LONDON-Summary英・米債権連動・米10年債権利回り低下から...

    記事を読む

  • 2022/08/23ポンド円

    2022.8.22ポンド円TOKYO-Summary米債権連動・米10年債権利回り上昇を受けてドル買い・円売りが進行。ドル円は137.43まで、ポンド円は162.53まで上昇。一方でポンドドルはドル買いの流れに沿って1.18503まで下落。・米10年債利回りが上昇幅を縮めるとドル売りから、ドル円は137.10まで、ポンド円は162.21まで上値を切り下げる。一方でポンドドルは1.1836まで反発となっています。2022.8.22ポンド円LONDON-Summary英・米債権連動・米...

    記事を読む

  • 2022/08/20ポンド円

    2022.8.19ポンド円TOKYO-Summary米債権連動・米10年債権利回り上昇を受けてドル買い・円売りに。ドル円は136.37まで、ポンド円は162.46まで上昇。一方でポンドドルは1.0069まで下落。13時を過ぎると金利上昇が一服し、ドル円は136.25を挟んで、ポンド円は162.30を挟んで、ポンドドルは1.1910を挟んで揉み合いとなっています。2022.8.19ポンド円LONDON-Summaryスタグフレーションリスクの高まりからポンドドルが一段安・米10年債権...

    記事を読む

  • 2022/08/20FX

    トレード始めるならテクニカル分析:wonderfx初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。FXのなるほど!勝っている投資家はみんな知っている。 おすすめの手法を詳しくご案内。         主なテクニカル分析の分類(トレンド系)・移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバ...

    記事を読む

2022.8.30 Summary

2022.8.30ポンド円TOKYO-Summary

・米10年債権利回り低下からのドル売り

・米10年債権利回り低下からのドル売りやオフショア市場でドルが対人民元で売りが強まった事を受けて、ドル円は138.33まで、ポンド円は161.96まで下落。一方でポンドドルは米10年債権利回りの低下を受けて1.1727ま上昇も、その後はユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進み1.1687まで下落となっています。

2022.8.30ポンド円LONDON-Summary

天然ガス価格の下落からユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進行

・英10年債権利回り上昇を背景にポンド買い・ドル売りが進行。ポンドドルは1.1760まで、ポンド円は162.59まで上昇。その後、天然ガス価格の下落からユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進行すると、ポンドドルは1.1711まで、ポンド円は161.93まで下落。一方でドル円は米10年債権利回りに伴いドル売り・円買いが進み138.0まで下落となっています。

2022.8.30ポンド円NY-Summary

米債権連動

・米6月ケース・シラー住宅価格指数や米6月住宅価格指数が市場予想を下回ると、米10年債権利回りが低下に転じドル売りに。ポンドドルは1.1722まで、ポンド円は162.23まで上昇。一方でドル円は138.17まで下落。
・その後、米8月消費者信頼感指数が大きく上振れすると米10年債利回り再上昇からドル買い戻しが入り139.08まで反発上昇。一方でポンドドルはユーロポンドでのユーロ買いポンド売りから1.1621まで、ポンド円は161.50まで下落。
・米10年債権利回りが上昇幅を縮小すると再びドル売りに。ドル円は138.61まで下落。一方でポンドドルは1.1672まで上昇。ポンド円は両通貨のドル売りの綱引きから161.70を挟んで揉み合いとなっています。
カテゴリ
タグ

2022.8.29 Summary

2022.8.29ポンド円TOKYO-Summary

ドル全面高

・米10年債利回り上昇幅拡大からドル買いが加速。ドル円は139.00まで上昇。一方でポンドドルは米10年債権利回り上昇からのドル買いと英景気鈍化への警戒感からのポンド売りで1.1648まで下落。ポンド円は両通貨のドル買いの綱引きで序盤は揉み合い。その後、ドル円のドル買いに連れて161.93まで上昇となっています。

2022.8.29ポンド円LONDON-Summary

方向性の定まらない展開

・ユーロドルのドル売りに連れてポンドドルは1.1705まで上昇。一方でドル円は対ユーロのドル売りや持ち高調整の円買いに上値を抑えられ138.37まで下落。ポンド円は両通貨の相反する動きから 162.19まで上昇後、161.59まで下落。そして162.09まで上昇と方向性の定まらない展開となっています。

2022.8.29ポンド円NY-Summary

米債権や原油先物に連動

・米10年債権利回り上昇幅縮小からドル売りに。ポンドドルは1.1743まで、ポンド円は162.58まで上昇。一方でドル円は138.26まで下落。
・米10年債権利回りが再上昇となるとドル買いに。ポンドドルは1.1688まで、ポンド円は162.13まで下落。一方でドル円は138.78まで上昇。
・原油先物上昇を受けて対資源国通貨でドル安が活発化した事に連れてポンドドルは1.1729まで、ポンド円は162.50上昇。その後、原油先物の上昇が一服すると、ポンドドルは1.1698まで、ポンド円は162.38まで上値を切り下げています。
カテゴリ
タグ

2022.8.26 Summary

2022.8.26ポンド円TOKYO-Summary

ユーロポンドでのユーロ買いポンド売り

・米10年債権利回り上昇を背景にドル買い・円売りが進行。ドル円は136.74まで上昇。一方でポンドドルは1.1810まで下落。ポンド円は両通貨のドル買いの綱引きで161.55を挟んで揉み合い。
・ユーロポンドのユーロ売りポンド買いから、ポンドドルは1.1832まで、ポンド円は161.72まで上昇。その後、ユーロポンドでのユーロ買いポンド売りに転換すると、ポンドドルは1.1804まで、ぽんd園は161.49まで下落。一方でドル円は米10年債権利回り上昇継続から136.85まで上昇幅を拡大しています。

2022.8.26ポンド円LONDON-Summary

ジャクソンホールでのパウエルFRB議長の講演を控えて、対ユーロ中心にドル安・円安が優勢

・米10年債権利回り上昇を受けてドル買いが優勢に。更に英オフジェムが10月1日からガス・電気料金の上限を80%引き上げた事から英国内消費を冷やすとの懸念でポンド売り。ポンドドルは1.1782まで、ポンド円は161.28まで下落。その後、ジャクソンホールでのパウエルFRB議長の講演を控えて、対ユーロ中心にドル安・円安が優勢。ポンドドルは1.1845まで、ポンド円は162.14まで反発上昇。
一方でドル円は米10年債利回り上昇からドル買い・円売りが進行し137.13まで上昇。その後、米10年債権利回りが高止まりする中、対欧州通貨を中心にドル安が進んだことが重しとなち伸び悩みとなっています。

2022.8.26ポンド円NY-Summary

ダウ平均1000ドル超安からリスク回避

・ジャクソンホールでのパウエルFRB議長の講演で、高金利をしばらく維持する方針を示すと、米10年債権利回り上昇からドル買いに。ドル円は137.33まで上昇。一方でポンドドルは1.1822まで下落。
・パウエル氏の講演が終了すると材料出尽くしから一転ドル売りに。ドル円は136.18まで下落。一方でポンドドルは1.1901まで上昇。ポンド円も連動し162.69まで上昇。
・ダウ平均1000ドル超安からリスク回避のドル買い進行。ポンドドルは11733まで、ポンド円は161.32まで下落。一方でドル円は米金融引き締めが継続するとの見方からのドル買いと、ダウ平均1000ドル超下落からのリスク回避の円買いで137.40を挟んで揉み合いとなっています。
カテゴリ
タグ

カンタンFX入門 チャートの基礎知識とテクニカル指標 おすすめの稼ぎ方をわかりやすく解説

  • 投稿 2022/08/27
  • FX
広告4
(113)pixta_43649858_S20220827.jpg

トレード始めるならテクニカル分析:wonderfx

初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。
カンタンFX入門。チャートの基礎知識とテクニカル指標、そしておすすめの稼ぎ方をわかりやすく解説しています。

HOME3.jpg   お試し10日間-3   募集概要-3   入会受付新規継続再入会-6

主なテクニカル分析の分類
(トレンド系)・移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンド・パラポリック・ポイント・アンド・フィギア・ペンタゴンチャート(オシレーター系)・RSI・ストキャスティクス・DMI・MACD・CCI(総合系)・ヒストリカル・ボラティリティ・ボラティリティシステム

2022.8.25 Summary

2022.8.25ポンド円TOKYO-Summary

米10年債利回り低下が重し

・ゴトウ日実需(輸出)からの円買いから、ドル円は136.73まで、ポンド円は161.54まで下落。一方でポンドドルは対円でドル売りが進んだ影響から1.1815まで上昇。
・米10年債権利回り低下からドル売り・円買いに。ポンドドルは1.1849まで、ポンド円は161.80まで上昇。一方でドル円は136.51まで下落幅を拡大しています。

2022.8.25ポンド円LONDON-Summary

英・米10年債権利回り低下

・英10年債権利回り低下からポンド売り・ドル買いが進行。ポンドドルは1.1821まで、ポンド円は161.32まで下落。一方でドル円は米10年債権利回り低下からドル売り・円買いで136.31まで下落。ただ、ジャクソンホールフォーラムでのパウエルFRB議長の講演が控えているのでドル売りも大きく傾かない状態となっています。

2022.8.25ポンド円LONDON-Summary

米10年債権利回り低下

・米4-6月期GDP(改定値)や米新規失業保険申請件数が市場予想より強い結果となった事から米10年債利回りが上昇からドル買い・円売りに。ドル円は136.95まで上昇。一方でポンドドルは1.1792まで下落。ポンド円は両通貨のドル買いの綱引きで161.55を挟んで揉み合い。
・米10年債権利回りが低下に転じるとドル売りに。ポンドドルは1.1850まで、ポンド円は161.92まで上昇。一方でドル円は136.62まで下落。
・ユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進行。ポンドドルは1.1794まで下落。一方でドル円は米10年債権利回り低下が一服すると136.89まで反発。その後、米10年債権利回り低下が再開すると、ドル円は134.39まで下落。一方でポンドドルは米10年債権利回り低下からのドル売りやユーロポンドのユーロ売りポンド買いから1.1838まで上昇。ポンド円は両通貨の相反する動きから161.50を挟んで揉み合いとなっています。
カテゴリ
タグ

2022.8.24 Summary

2022.8.24ポンド円TOKYO-Summary

日経平均やダウ先物の下落からリスク回避

・日経平均やダウ先物の下落からリスク回避のドル買い・円買いが同時進行。ドル円は136.36まで、ポンド円は161.16まで下落。一方でポンドドルもリスク回避から1.1799まで下落。その後、ユーロポンドのユーロ売りポンド買いを受けて1.1830まで反発しています。尚、米10年債権利回りも3.059%から3.030%まで下落となりドル売り要因となっています。

2022.8.24ポンド円LONDON-Summary

欧州通貨主導でドル買い

・米10年債権利回り上昇からドル買い・円売りに。ドル円は136.83まで、ポンド円は16181まで上昇。
・米10年債権利回りが上昇幅を縮小すると、ドル円は136.17まで、ポンド円は161.03まで下落。
・ユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進行すると、ポンドドルは1.1771まで下落。ポンド円は160.83まで下落幅を拡大。
・米10年債権利回りが上昇に転じるとドル買い・円売りに転換。ドル円は136.80まで、ポンド円は161.14まで反発となっています。

2022.8.24ポンド円NY-Summary

FIXに絡んだドル売りフローが収束するとドル買い再開

・ジャクソンホールでのパウエルFRB議長の講演を控えて、米10年債権利回り上昇からドル買いが進行。ドル円は137.24まで、ポンド円は161.45まで上昇。一方でポンドドルは1.1755まで下落(23:10)。
・FIXに絡んだドル売りが進行。ポンドドルは1.1825まで、ポンド円は161.78まで上昇。一方でドル円は136.70まで上値を切り下げる。
・FIXに絡んだドル売りフローが収束すると、ポンドドルは1.1779まで反落。 一方でドル円は137.21まで反発。ポンド円は両通貨の相反する動きから161.60を挟んで揉み合いとなっています。
カテゴリ
タグ

2022.8.23 Summary

2022.8.23ポンド円TOKYO-Summary

アジア主要株ほぼ全面安

・米10年債権利回り上層幅を縮小からのドル売り・円買いや持ち高調整の円買いで、ドル円は137.08まで、ポンド円は161.22まで下落。
一方でポンドドルはドル円のドル売りの流れに沿って1.1785まで上昇。その後、アジア主要株ほぼ全面安からリスク回避のドル買いが進み1.1745まで下落となっています。

2022.8.23ポンド円LONDON-Summary

英・米債権連動

・米10年債権利回り低下からドル売り・円買いが進行。ドル円は137.03まで下落。一方でポンドドルは英10年債権利回り低下からのポンド売りで1.1723まで下落。ポンド円は両通貨の下落に連れて160.80まで下落。
・米10年債権利回りが低下幅を縮小すると円売り戻しが入り、ドル円は137.55まで、ポンド円は161.78まで上昇。
・一方でポンドドルは英10年債権利回り低下幅縮小から1.1783まで上昇。その後。金利が再び低下に転じると伸び悩みから揉み合いとなっています。

2022.8.23ポンド円NY-Summary

低調な米経済指標が相次ぎ、ドル売り加速

・原油先物上昇を受けて対資源国通貨でドル安が活発化した事に連れて、ポンドドルは1.1808まで、ポンド円は162.31まで上昇。
・米8月製造業・サービスPMI速報値や米7月新築住宅販売件数、そして米8月リッチモンド連銀製造業景気指数が相次ぎ市場予想より弱い内容となった事を受けてドル売りが進行。米10年債権利回りも急低下し、ドル円は135.81まで、ポンド円は161.20まで急落。一方でポンドドルは1.1878まで急騰。
・その後、米10年債権利回りが低下幅を縮小するとドル買い戻しが入り、ドル円は136.87まで、ポンド円は161.85まで反発。一方でポンドドルは1.1816まで上値を切り下げています。
カテゴリ
タグ

2022.8.22 Summary

2022.8.22ポンド円TOKYO-Summary

米債権連動

・米10年債権利回り上昇を受けてドル買い・円売りが進行。ドル円は137.43まで、ポンド円は162.53まで上昇。一方でポンドドルはドル買いの流れに沿って1.18503まで下落。
・米10年債利回りが上昇幅を縮めるとドル売りから、ドル円は137.10まで、ポンド円は162.21まで上値を切り下げる。一方でポンドドルは1.1836まで反発となっています。

2022.8.22ポンド円LONDON-Summary

英・米債権連動

・米10年債権利回り低下からドル売り・円買いが進行。ドル円は136.69まで、ポンド円は161.16まで下落。その後、金利が低下幅を縮小すると、ドル円は137.10まで、ポンド円は161.88まで反発上昇。
・一方でポンドドルは英10年債権利回り低下から1.1782まで下落。その後、金利が低下幅を縮小。英国も反発すると1.1819まで下値を切り上げています。

2022.8.22ポンド円NY-Summary

米10年債権利回り上昇からドル買い

・米10年債権利回り上昇からドル買いに。ポンドドルは1.1742まで、ポンド円は161.58まで下落。一方でドル円はドル買い137.65まで上昇となっています。
カテゴリ
タグ

2022.8.19 Summary

2022.8.19ポンド円TOKYO-Summary

米債権連動

・米10年債権利回り上昇を受けてドル買い・円売りに。ドル円は136.37まで、ポンド円は162.46まで上昇。一方でポンドドルは1.0069まで下落。13時を過ぎると金利上昇が一服し、ドル円は136.25を挟んで、ポンド円は162.30を挟んで、ポンドドルは1.1910を挟んで揉み合いとなっています。

2022.8.19ポンド円LONDON-Summary

スタグフレーションリスクの高まりからポンドドルが一段安

・米10年債権利回りが上昇を再開しドル買いに。ドル円は136.76まで、ポンド円は162.84まで上昇。その後、米10年債権利回りが上昇幅を縮小するとドル売り戻しが入り、ドル円は136.39まで、ポンド円は162.03まで下落。
・原油先物安を背景に対資源国通貨でドル買いが強まった影響で、ポンドドルは1.1821まで下落。一方でドル円は137.14まで上昇。ポンド円は両通貨のドル買いの綱引きから162.10を挟んで揉み合いとなっています。

2022.8.19ポンド円NY-Summary

米債権連動

・FRB当局者からインフレ抑制に向け利上げを継続する必要があるとの発言が伝わり、米10年債権利回り上昇からドル買いに。ドル円は137.23まで上昇。一方でポンドドルは1.1792まで下落。その後、米10年債権利回りが上昇幅を縮小すると、ドル円は136.74まで上値を切り下げ、一方でポンドドルは1.1834まで下値を切り上げる。ポンド円は両通貨のドルの綱引きから161.60-162.05間で方向性無く揉み合いとなっています。
カテゴリ
タグ

FXのなるほど! 勝っている投資家はみんな知っている おすすめの手法を詳しくご案内

  • 投稿 2022/08/20
  • FX
広告4
(112)pixta_40364604_S20220820.jpg

トレード始めるならテクニカル分析:wonderfx

初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。
FXのなるほど!勝っている投資家はみんな知っている。 おすすめの手法を詳しくご案内。

HOME3.jpg   お試し10日間-3   募集概要-3   入会受付新規継続再入会-6

主なテクニカル分析の分類
(トレンド系)・移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンド・パラポリック・ポイント・アンド・フィギア・ペンタゴンチャート(オシレーター系)・RSI・ストキャスティクス・DMI・MACD・CCI(総合系)・ヒストリカル・ボラティリティ・ボラティリティシステム
Copyright©2020-2021 fxdarwin All Rights Reserved.

この著作権は樫木鋼太郎に帰属。無断転載を禁じます。ヘッダ画像の著作はmiceking / PIXTA。